MENU

審美歯科・ホワイトニング・インプラント

HOME >  診療案内  > 審美歯科・ホワイトニング・インプラント

白く美しい歯は素敵な笑顔を作ります!

審美歯科は美に対する意識が強い方に選ばれている、歯のエステともいえる診療科目です。単に治療を行い悪い部分を改善するだけでなく、美しさを加えた処置を施します。白く輝く美しい歯は気になる口元のコンプレックスを解消し、自然で美しい笑顔を引き出します。

審美歯科は美に対する意識が強い方に選ばれている、歯のエステともいえる診療科目です。
単に治療を行い悪い部分を改善するだけでなく、美しさを加えた処置を施します。

白く輝く美しい歯は気になる口元のコンプレックスを解消し、自然で美しい笑顔を引き出します。

審美に用いる素材

オールセラミック

被せ物や差し歯の素材が全てセラミック材料(陶器材料)で出来ているものを使用。

【メリット】
・見た目が自然
・金属アレルギーのリスクがない
【デメリット】
・他の素材に比べて固く、他の歯を傷める恐れがある
・他の素材に比べて強度は劣る

ジルコニア

ジルコニアは人工ダイヤモンドとしても大変有名ですが強く、軽く、美しく、そして体に優しいセラミックです。

【メリット】
・見た目が自然
・金属アレルギーのリスクがない
・強度に優れている(セラミックの2~3倍)
【デメリット】
・費用が高い

メタルクラウン

使用されている金属は高カラットのゴールドを含有しているため適度な弾力があり、フィット(適合)に優れています。

【メリット】
・強度に優れている
・ジルコニアに比べて費用が安い
【デメリット】
・歯肉の変色の恐れがある
・金属アレルギーのリスクがある

ハイブリッドクラウン

セラミック(陶器)とレジン(プラスチック)を混ぜた材料で作られています。

【メリット】
・固すぎず他の歯を傷める恐れがない
・破損した場合の修復が比較的簡単
【デメリット】
・磨り減りやすい
・歯の色調がやや劣る

審美性の高い金具の無い義歯

部分入れ歯の金具(バネ)がないものに「ノンクラスプデンチャー」といわれるものがあります。
「ノンクラスプデンチャー」は、金属製の金具(バネ、止め具)の代わりに、プラスチック製の義歯床で義歯を支えます。

そのため、口を開けても金属製の金具(バネ、止め具)が見えないので、審美性に大変優れています。
さらに、破折に強い素材で歯肉の色調と同化するのが今までの部分入れ歯とまったく違うところです。
日本では最近になって知られるようになりましたが、アメリカでは50年以上の実績があります。

ホワイトニング

コーヒー、紅茶、たばこなどの色素が歯の表面のエナメル質の内部に沈着してしまった場合や、年をとるにつれて、だんだんと歯が黄色くなってきた場合などは、歯磨きや研磨などでは白くきれいにすることはできません。そんなときには、ホワイトニングという方法があります。この方法なら、歯を削ることなく、従来の自分の歯の色よりも白くすることが可能です。ホワイトニングには様々な方法がありますが、当院で行っている方法はホームホワイトニングといわれる方法です。ホワイトニングを希望される患者さんの歯の型を取り、専用のトレー(マウスピースのようなもの)を作ります。それに専用の薬剤を入れ、ご家庭での就寝時に患者さん自身で装着してもらい、歯を白くする方法です。この方法は来院する時間が節約され、お好きな時に処置を行う事が可能です。

コーヒー、紅茶、たばこなどの色素が歯の表面のエナメル質の内部に沈着してしまった場合や、年をとるにつれて、だんだんと歯が黄色くなってきた場合などは、歯磨きや研磨などでは白くきれいにすることはできません。

そんなときには、ホワイトニングという方法があります。この方法なら、歯を削ることなく、従来の自分の歯の色よりも白くすることが可能です。

ホワイトニングには様々な方法がありますが、当院で行っている方法はホームホワイトニングといわれる方法です。
ホワイトニングを希望される患者さんの歯の型を取り、専用のトレー(マウスピースのようなもの)を作ります。
それに専用の薬剤を入れ、ご家庭での就寝時に患者さん自身で装着してもらい、歯を白くする方法です。

この方法は来院する時間が節約され、お好きな時に処置を行う事が可能です。

ホワイトニングQ&A

  • ほとんどの方が可能です。しかし、効果が出ない場合もありますので、歯科医師による診査・診断が必要となります。

  • ホワイトニングに使用する薬剤は、過酸化尿素です。
    これはお口の中の水分に触れると人体に安全な水と尿素と酸素に分解され、さらに尿素は二酸化炭素とアンモニアに分解されるので、体の正常な代謝経路で簡単に排泄されます。

  • 治療期間中に知覚過敏(歯がしみる症状)が起こる場合がありますが、治療を中断する事により症状は落ち着きます。
    心配な点がございましたら、お気軽にご相談ください。

インプラント(人工歯根)で安定した噛み心地

歯科用インプラントとは、天然歯根の代用となる人工歯根の事です。インプラント本体は外科手術により顎の骨に埋め込みます。
インプラントの材質には、純チタンが使用され、純チタンは生体組織に良く適合します。

骨としっかり結合し、歯肉と密着固定したインプラントは、上部に取り付ける修復歯のしっかりとした土台となります。
これを土台にして被せが入ります。

インプラント治療が可能であるか、またインプラント埋入本数、最終の仕上がりについては患者さんによって異なります。詳しくは歯科医までお気軽にご相談ください。

インプラントQ&A

  • 一般的に、顎の骨に入れたインプラントが周りの骨と結合するのに、使ったインプラントと人にもよりますが6~24週間かかります。
    その後、上に歯を入れる為の期間がかかる場合とすぐに入れる事が出来る場合があります。

    ※骨の状態など、様々な条件が良好の場合に限りますのでまずはご相談ください。

  • インプラント治療は自由(自費)診療ですので診察を含め、保険は適応されません。
    使用するインプラントの本数や種類、上に装着する人工歯の種類、症例の難易度によって費用は異なります。

  • 口の中だけの局所麻酔をしてからインプラントを入れますので、ほとんど痛みは感じません。
    処置時間はだいたい30~120分位です。ただし、麻酔が切れてからは傷口の痛みが全く無い訳ではありません。

    手術後1~2日は痛みや腫れが出る場合がありますが通常すぐに治まります。

  • インプラントはチタン製でとても丈夫ですので、何か問題が起こらなければ半永久的にお口の中で機能します。
    しかし、歯みがきが十分にできないでインプラントの周りに歯垢が付いた状態にしていると天然歯と同様、歯槽膿漏のような状態になり、インプラントの周りの骨がやせてしまってグラグラ動いてしまいます。

    このようになったインプラントは抜くしか仕方ありません。
    インプラントを長持ちさせるためには、毎日しっかりと歯みがきをしていただき、必ず定期検診を受けていただきます。